WordPressエディターの改行の自動整形が無効になる-WordPressテーマ「Godios.」

WordPressはページ出力時に改行コードをbrタグ変換、改行2つをpタグに変換など自動的に改行回りのコードを整形しています。

Godios.ではその自動整形処理がされず、テキストモードでbrタグやpタグがないと改行されませせん。それ自体は実際のソースに即した状態で編集ができるので、私的には問題がないのですが移行時には注意が必要です。

Godios.ではないテーマにし、ビジュアルモードで上記のようにテキストを2行入力します。

テキストモードにするとこんな感じです。通常WordPressで編集すると、テキストモードでもbrタグやpタグはなく、ページに出力される際に自動整形されます。

別テーマからGodios.に変更しただけだと、公開ページも問題ありません。

しかし、再度投稿ページを編集しようとビジュアルモードを開くと。。あれれ?改行がとれています。

テキストモードにすると別テーマでは改行だったところが半角スペースになっています。

このまま公開するともちろん改行がとれた状態のまます。

テーマを変更しただけでは一見して問題がなさそうに見えますが、テキストエディターの整形処理の違いで思わぬ見た目の崩れが起きてしまいます。編集時にいちいち直すのは手間という方は、上記問題に出くわした場合、本文ソースにbrタグやpタグを整形する処理を模索しましょう。

その他のGodios.に移行する際の注意点につきましては下記を参照してください。

WordPressテーマ「Godios.」に移行する際の注意点

Godios.ダウンロード

革新的な表示速度を実現可能にした無料WordpressテーマGodios.のダウンロードはこちらから

ダウンロード